· 

簡単なEMSの書き方

おはようございます*\(^o^)/*
まだまだ暑いですσ(^_^;)早くも夏バテに近いですσ(^_^;)
まさにこの感じ(笑)
さて荷造りで一番大事なEMSの書き方をブログに書いていなかったのでさらりと流します!
まずは言語は国際郵便なので基本的に英語記入です。
⑴ 送り主の名前と住所と電話番号(日本は+81から。最初の0はいりません。)
⑵受取人の名前と住所(相手側の郵便番号や地名はネットで調べましょう。)
⑶送る品物を書きます。品物の書き方は郵便局のHPを参考に。個人利用の場合は最初にPersonal Useと書いてください。重さはちゃんと計り、値段もレシートを見て書きましょう。ここが不正確だと税関で没収か返送されます!
後は該当する項目に×印、署名を書いて終わりです。
後、Eの箇所は日本円で2万円を越える品物を送る場合のみに書く損害補償額の記入欄。書くのは自由です。

後は国によりますが、税関告知書とインボイスが必要な国もありますので郵便局のHPで確認しましょう。(EMSにも税関告知書がセットされていますが、別に必要ということです) 

ではでは|ω・)ノ